先日、休日にDVDを借りて来て「ハドソン川の奇跡」を観ました。映画館での上映時からCMでもよく流れていましたし、クリント・イーストウッドが監督でトム・ハンクスが主演という事だけでも、十分に興味がありました。2009年のアメリカのニューヨークでコントロール不能になった旅客機を機長が何とかハドソン川に着水させる事に成功し、犠牲者を出さず全員生還するという、実際に起こった事故を描いた映画です。
ハドソン川の水深がどれ位か知りませんが、私は日本の映画の「海猿」を思い出し、すぐに浸水して機体が沈没するのが普通であろう中、乗客を誘導し、警察や消防・近くの船などの協力もあって、全員が生還出来た事は、本当に凄いなと思います。まさに映画の様な話しで、奇跡だといえると思いますが、映画は国民的ヒーローとして称賛される機長の、事故後の厳しい調査や苦悩が中心になっていました。
私はド素人なので、皆を救った英雄なのにどうしてそんなに機長が追及されたりしないといけないの?機長本人もPTSDの様な症状で辛かっただろうに…等と思いましたが、それだけパイロットという仕事は責任が重く、結果的に無事であったとしても、乗客の命を危険にさらしたという可能性があるなら糾弾されるものなのだなと思いました。
DVDには特典として、機長本人のインタビューや映像も載っていて、突然世界的なヒーローとなり、彼や家族が静かな生活やプライバシーを失くして困惑したという事も知りました。派手なストーリー展開はありませんが、ドキュメンタリーを観ている様な感じで、見ごたえのある作品でした。アリシアクリニック医療レーザー脱毛予約